2007年10月08日

ビジネス 実務法務検定 試験

ダイレクトマーケティングとは、企業が電話やダイレクトメールやWEBサイト、メールマガジンなどを活用し、顧客と直接かつ継続的にコミュニケーションを図ることにより、消費者情報を収集するマーケティング方法のことをいいます。アメリカのレスター・ワンダーマンという人が1960年代に提唱した手法です。


ダイレクトマーケティングは、従来のテレビ、ラジオ、新聞、雑誌といった特定個人を対象としていないマスマーケティングに対し、特定個人を対象としています。


ダイレクトマーケティングは、プロモーションの結果がレスポンス(反応)という観点から測定できることと、顧客ファイルリストおよびその使用に大きく依存するということで一般のマーケティングとは異なります。


ダイレクトマーケティングにインターネットを活用することで、コストパフォーマンスの高いマーケティングを行うことができる一方で、収集した個人情報の保護の問題などの対策も必要になってきます。



家裁調査官、裁判所・検察事務官、パラリーガル、のどれかに就職したいのですが、...
家裁調査官、裁判所・検察事務官、パラリーガル、のどれかに就職したいのですが、何か取っておくべき資格はありますか?法学検定やビジネス実務法務検定などでしょうか?(続きを読む)




ビジネス実務法務検定試験
「ニュースで学ぶビジネス法務」という副題をつけてブログを運営しているわけですが、このような内容のブログを書こうと思ったきっかけを作ってくれたのが、ビジネス実務法務検定試験です。 この検定試験の内容については、実施団体である東京商工会議所 ...(続きを読む)





posted by ビジネスについて at 02:16 | 日記
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。